埼玉県三芳町 様

ポルボローネ パッケージ

パッケージデザイン
ポルボローネ パッケージデザイン

ポルボローネというクッキーのようなお菓子のパッケージです。
三芳町の6次産業として、三芳のお茶を使った製品を開発されました。

まず、ボルボローネというお菓子自体が、まだ認知度が高くないため、捻ったネーミングよりもストレートに伝えた方が興味を持ってもらえると考え、「三芳のお茶を使ったポルボローネ」とストレートなネーミングにしました。

ポルボローネとは、スペイン伝統のお菓子で、食べながら「ポルボローネ」と3回唱えると幸せになれるというお菓子です。そのため、幸せをイメージできるようにパッケージの形状自体は、四つ葉のクローバーの形で閉じられるようになっていて、風呂敷を開けるようにパッケージを開いていくとポルボローネが出てくるという仕組みになっています。

デザインでは、ポルボローネの形状を意識した丸をモチーフにして、お菓子を食べる時間の楽しさを表現しています。

ポルボローネ パッケージデザイン

担当クリエイター

お知らせ/ブログお知らせ/ブログ一覧へ

上へ