JP
EN

それはお客様のためになっていますか?

雑記
June 9,2011

これは私が大学を卒業して初めて就職した当時、パナホームの企業スローガンで使われていた言葉です。また、私の初めての上司も「お客様のために」を信念としていました。新人の頃、何かあるたびにいつも、それはお客様のためになるのかと怒られていたものです。

 

当時は営業だったので、これは営業など、お客様に接する立場だけに適用される言葉と思ってましたが、デザイナーをやっている今でも私の中の信念として、常に意識している言葉です。ただ、立場がその頃とは違うので、若干、解釈は異なりますが。。

 

今は、ユーザーのためになるものが、クライアントのためになるという考え方です。つまり、B to Bのビジネスだとお客様というのはクライアントでもあり、ユーザーでもあるんですよね。

 

今日のカンブリア宮殿はP&Gが出ていました。P&Gでも、商品開発の核は消費者とのことでした。株主も社員も大事だけど、やっぱり中心に消費者がいると。

 

商品開発って、大きな会社と小さな会社ではできることが違いますが、やっぱり消費者のことが第一であるべきだと思うんです。

 

ヒットする商品は、必ずこれは消費者のためになる、消費者の購買意欲をくすぐる、そういった発想からできています。またそういった企画は、担当者様も熱い想いを持っているので、私たちクリエイターの気持ちも動かしますし、絶対ヒットします。

 

やっぱりすごく重要なことだと思うのです。
今やっていることは「それはお客様のためになっていますか?」

Recommended article

この後によく読まれている記事

Contact to GROW UP

お気軽にお問い合わせください

GROW UPでは、日本全国、海外からも幅広くご依頼承っております。デザイン制作をはじめ、開発や撮影、コピーライティングなどをご検討中の方、ご相談だけでも大歓迎です。さらに取材対応やセミナー講師なども対応しています。まずはお気軽にお問い合わせください。